高松総合法律事務所の法律ブログ

株式会社エス・イーコーポレーションによる二重契約の被害

2019年8月27日  カテゴリ:消費者被害, ブログ

 株式会社エス・イーコーポレーション(大阪市北区西天満)(以下「エス社」といいます。)は訪問販売で太陽光発電システムをローンを組ませて販売し、(このエス社の売却方法にも問題があるのですが,ここではいったん措きます。)その後、同じ顧客に「ローンが安くなる」「組み換えキャンペーン」などと謳って、既に売却した太陽光発電システムに再度別の信販会社でローンを組み、旧ローン契約についてはエス社が顧客に毎月の支払い分を送金するということを行っていました。

 しばらくはエス社から顧客へのローン支払い分の送金は続いていたものの、令和元年6月には送金が停止してしまい、現在はエス社への連絡もつかない状況のようです。(結果、顧客はローンの二重払いの負担を余儀なくされています。)

 エス社のかかる行為は二重契約にあたり、当然許されるものではありません。エス社は顧客に甘言を用いて二重契約をさせていますが、実際には顧客のためではなくエス社自身の資金繰りが目的であることは明白です。

 数年前にも香川県の太陽光発電システム販売業者による大規模な被害が発生しています。今回は香川県内ではなく大阪の業者のようですが、香川県でも活発に営業活動を行っていたようであり、香川県内での被害の広がりが懸念されるところです。

 

早めに相談