相談事例
カテゴリ: 企業の債権回収

取引先の売掛金が回収できない

Q
 2年前につきあいを始めた取引先のことです。取引当初は遅れることもなく売掛金の支払が行われていたのですが、だんだん取引金額が増え、売掛金の一部の支払が滞るようになってきました。全く支払がないというわけではないのですが、未収の売掛金は徐々に溜まっていき、ついに300万円を超えてしまいました。
 取引先の代表者と直接話をすると「資金繰りが苦しい。」「全額きちんと払うからちょっと待って欲しい。」などと言います。
 ところが、一向に支払う気配がないので再度督促すると、取引先の代表者は同じようなことを言って支払をしようとしません。取引先は営業を問題なく続けているようなのですが・・・
 
A
 債権回収は早期に行動することがセオリーです。取引先との今後の関係等、諸々の事情を考慮する必要はありますが、早めに裁判所を利用した手続に移行して債権回収を図ったほうがよいと思われます。
 また、なし崩し的に未収金の増加を許してしまったようですが、これを機会に与信管理のあり方も再度検討してみるとよいでしょう。

  

企業の債権回収トップへ戻る

早めに相談