相談事例
カテゴリ: 個人の債権回収

知人がお金を返してくれない

Q
 約9年前、知人がお金に困っているというので300万円を貸しました。最初は少しずつですが返してくれていたものが、最近は全然返してくれません。それでも私は会う度に督促していたのですが、「なんとかしたい。」というのみで一向に返す兆しは見えません。きちんとした会社で仕事もしており、全然返せないわけはないと思います。
 借金の残額はまだ250万円以上あり、決して少額ではないのであきらめたくないのですが・・・

A
 現状、知人はおそらく借りた金を返すつもりはなくなっているでしょう。
 金を貸してから約9年が経過しているということで、具体的状況によっては貸金返還請求権の時効成立も注意を払う必要があります。仮に、消滅時効が成立し、借主がこれを援用するともはや貸金を請求することができません。
 早期に訴訟等の法的手続を検討したほうがよいでしょう。

  

個人の債権回収トップへ戻る

早めに相談