相談事例
カテゴリ: 再生・破産

売上減少で資金繰りが悪化。どのようにすれば・・・

Q
 競合業者の出現で数年前から売上が右肩下がりになっています。それでもなんとかがんばってきましたが、ここに来て特に資金繰りが悪化してしまいました。
 別の弁護士に相談したら破産を勧められたものの、私としてはなんとか事業を継続したいと考えているのですが・・・

A
 再建型の手続については、民事再生、会社更生、私的整理(純然たる任意交渉、中立な第三者(事業再生ADR、中小企業再生支援協議会など)を介した私的整理、特定調停、その他、会社分割、事業譲渡等を利用する方法等、さまざまな方法があります。)が選択肢として考えられます。他方、清算型の手続を選択した場合については、破産、特別清算、私的整理がその方法として考えられます。
 再建型の手続か、清算型の手続か、どのような手続をとっていくかについては、キャッシュ・フローはもとより、企業の成長力、経営資源(「人」「モノ」「カネ」)、経営者の意欲等の事情を総合的に考慮しつつ結論を出していかなくてはいけません。

  

再生・破産トップへ戻る

早めに相談